発売1カ月で月間目標台数の訳40倍も受注してるあの車

ニュース

発売1カ月で月間目標台数の訳40倍も受注してるあの車

レクサスLCの好調ぶり

1300万~1450万円という価格帯でデビューしたレクサスLC。2017年3月16日の発売から約1カ月となる2017年4月16日時点で約1800台と、価格帯を考えると驚くほど好調なスタートになっています。

発売1カ月で約1800台という受注は、月販目標台数がわずか50台ということもあって、じつに36倍もの台数になっています。



パワートレーンの内訳は、LC500hが約800台、LC500が約1000台。主な好評点は下記のとおりです。

・「コンセプトカーLF-LC」の革新的なデザインイメージをモチーフに、新開発プラットフォームによる骨格を活かすことで、走行性能とデザインが調和した独創的なデザイン

・新開発「GA-Lプラットフォーム」による優れた慣性諸元や高剛性ボディ、新開発サスペンションなどで実現された、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走り

・「マルチステージハイブリッドシステム(LC500h)」やV8 5.0Lエンジンと「Direct Shift-10AT(LC500)」によって実現されたパワフルでリズミカルな加速



高級ラグジュアリークーペに求められるデザイン、そしてレクサスならではの最新技術による走りなどが評価されているようで、これから街中で存在感を放ちそうです。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

このニュースを見て、改めた感じた事。

それは、『持ってる人は持ってるな~』です。

大衆車と言われる車が何台も買えてしまう価格ですからね(;'∀')

この様な高級車の場合、法人契約が多いそうで、減価償却していくパターンです。
知り合いの社長さんも、すでに契約済みで納車待ち状態です(笑)

LC

出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

いつから見れる?

既に各ディーラーには、展示車や試乗車の用意はありますが、納車されたとの話はまだ聞いてません。

月間目標が50台ですから、かなりの時間を要しそうですよね~

高級クーペですから、その質感はさすがはレクサスと言ったところです!
カタログも完全に【高級雑誌】みたいな仕様です!

ハイブリッドが先行し、ガソリン車が後発の様ですね!

早く街中を走ってる姿をみたいものです♪

フラッグシップセダン『LS』にも新型が

LS

出典 http://encrypted-tbn0.gstatic.com

現行よりも、ひとまわり大きく、車高は低くなる様です!

先進技術もふんだんに盛り込み、レクサスの象徴となるべく車ですね!

登場が楽しみです♪

レクサスからHSがなくなる?

HS

出典 http://encrypted-tbn2.gstatic.com

公式発表がされたのかどうかは未確認ですが、ラインナップから外れたとの噂もあります。

確かに『HS』は中途半端過ぎる感じはしましたからね。

小型のプリウスペースの『CT』は残るかも知れません。
どちらにしても、レクサスは『高級ブランド』としての方向性を突き進んでいくのかもしれませんね。

トヨタ店で買えるSAIと同型のHSは消える運命かもしれません。

まとめ

絶好調のレクサス。

国産メーカーの勢いがあるのは、嬉しい事です。

レクサスは、作りこみ方を見ると、そこそこ高いのが分かります!
へたな国産メーカーのいわゆる『高級車』は、粗が目立ちますから。

こういった点でも、レクサスが受け入れられてる理由かも知れませんね♪

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサードリンク

カテゴリー

月別アーカイブ